前へ
次へ

習い事としてダンス教室を選択する

ダンスというと学校の運動会などで行うフォークダンスを想像するかもしれませんが、今のダンスといえばより創作的なダンスをさすのでしょう。ダンサーと呼ばれる職業がありテレビなどでは歌手の後ろで踊ることもありますし、ダンサーがメインのグループなども存在します。創作的なダンスの特徴としては音楽に合わせて体を動かすことと特別な決まりが無いことでしょう。伝統的なダンスや踊りでは基本がありそれを身に付けないと独自な動きはできないかもしれません。一方創作的なダンスは音楽に合わせていればある程度動きは自由です。もちろんただ動かしているだけではだめです。子供に習い事をさせるときの選択肢としてダンス教室があり、主に創作ダンスを習えるところを利用することが多いようです。ダンスを通してリズム感や柔軟性の他表現力が高まるメリットがあります。ダンスは個人以外にもグループで合わせて行うものもあり、団結力やコミュニケーション力の向上にも役立ちます。

食塩を水に溶解
それらを電解してお作りしています

【テーラーカツラ】職人によるこだわりのスーツ

Page Top