前へ
次へ

今の時代、語学教育には力を入れなければなりません

令和の時代に入りましたが、平成同様日本語以外の外国語の教育の重要性は変わりません。企業が公用語として英語を措定する時代です。大手の企業になれば更に第二外国語の習得も指名つけされる場合もあります。大人を含め、これから社会に巣立って行く人達は必然的に英語と更に第二外国語の学習に力を入れなければなりません。お子様が生まれた家庭のトレンドとして、幼児状態から英語教育に力を入れるようになっています。英語を習得する、又は英語に慣れ親しむ為の教材は年々右肩あがりで売り上げを伸ばしています。幼児教育の次はTOEIC対策の為に教育を施します。TOEICで高得点を取る事、そして英語検定を取得する事が高校や大学への進学の条件となる場合もあります。実際に有名大学では指定校推薦を得るのに条件として英検2級の取得を盛り込んでいる大学もございます。このように進学や就職活動において現代においては英語の習得は必須となってきています。

Page Top