前へ
次へ

留学で一気に苦手だった英語が好きに

学生の頃、とにかく英語が苦手で嫌で嫌で仕方がありませんでした。そのため、親から留学しなさいと言われた時には本気で拒んだものです。しかし、結果として私は留学に行かせてもらったことに対し、両親に非常に感謝するようになります。その理由は、自分の英語とコミュニケーション能力に自信が付いたからでした。そもそも日本の場合は受験英語ですよね。そのため、英語の成績が良い子でもいざ会話するとなると全然話せない子がたくさんいます。私の場合はこれが逆で、受験英語がまるで駄目だったんですよね。英会話の方が相性が良かったんです。本来語学力が全然無い状態での留学は勧められてはいませんが、私の場合は中学生でした。現地アメリカに叔母夫婦がいてお世話になることも出来ましたし、環境にも非常に恵まれていたと思います。日本に戻ってからは一気に英語が好きになりましたし、何より得意科目に。就職も英語力を活かすことが出来ましたし、留学の機会があったことを本当に今も感謝し続けています。

Page Top