前へ
次へ

合格や自信になる勉強時間を考える

マインドコントロールとも言うように、落ち込むより「予想より良かった」と思うことも大事です。勉強していない科目だから当然の結果、逆に自信を持てることも成績の評価で知ることができます。留年が確実ともいわれる難易度の高い試験であれば、どの科目も1問は一応の論文を書く、もう1問は論点を知らない問題という場合すらあるでしょう。1問、それも自分では自信もなかった答案にC評価がついていたのなら、自信になります。年間の勉強のスケジュールは自分で立てるより、予備校のスケジュールに沿って勉強する方が効果的です。合格するための実力を身につけるには、より良い教育(学習)環境を見つけましょう。近場に図書館があるなど、勉強の環境を学校や予備校以外で見つけましょう。通学距離も近場がよく、賃貸アパートに引っ越すことも考えに入れてみれば、良いコンディションで順調に勉強が捗るようです。また、留年を考えてムリをすることは避けましょう。初学者は限界まで勉強をし、心身ともに疲れきってしまい、時にスランプに陥ることもあるようです。せっかく伸びてきた学習水準も戻ることになる可能性さえ否定できません。試験までの1年、ここがポイントです。スランプに陥らない程度の勉強時間は、中学・長学者のアンケートによれば、8時間程度です。短時間での勉強時間では人は劣るといい、この適度な時間が1年という長きに渡る勉強の継続になるようです。

Page Top