前へ
次へ

楽器は一度にいろいろな動作が必要

初めてピアノを弾く人は一本の指で鍵盤をたたいて音を出そうとするでしょう。簡単な音楽ならそれでも何とか演奏できますが、難しい曲を演奏しようとするととてもそれでは追いつきません。片手の指だけでなく両手の指を効率的に操って流れるような曲を演奏することになります。色々な楽器がありますがそれぞれには演奏の方法があり、両手を使わないといけないものもあればドラムだと両足も使う必要があります。それぞれの手や足は別々に動かさなくてはいけないので、慣れなければとても演奏はできないでしょう。教室などに通うことで少しずつ技術を身に着けていきます。子供の頃の習い事として音楽教室が良いとされることがありますが、楽器を演奏するときの動作が将来に役立つ可能性があります。両手や両足などをそれぞれ動かさないといけないので、その動きができるようになると他の作業にも役立つかもしれません。両手を使えば脳の活性化にもつながるのでしょう。

Page Top