前へ
次へ

コツやヒントになる教育を受ける

論文試験のために勉強をするにしても、どうしたらよいか見当もつかない状態もあるでしょう。友人にアドバイスを受けるにも、勉強自体が進んでいて、実力的に孤立してしまった、などの体験談も耳にします。そこで、予備校の講座を受けることにし、論文式の答案練習講座を申し込むという手もあります。週に2回くらいのペースで各科目ごとに範囲指定がされ、基本的にその範囲内から論文試験に即した問題が出され、時間内で答案化するのです。勉強のやり方が分からないなら、専門の教育機関を利用する、これなら範囲に従って予習していれば必然的、あるいは自動的に本も読んだことのなかった科目(ノーマーク)についても勉強ができ、論文練習にもなります。実際は、答案練習前までに予習が前提だから、カリキュラムの進むスピードも早く、範囲を勉強しきる前に答案練習の日を迎えてしまう、という繰り返しになるのではないでしょうか。しかし、数をこなすこと、おぼろげながらどう勉強して、何を書けばいいのか、そうしたコツを掴めるようにはなります。

Page Top